HOME > 九度山中学校 > 校長室から(平成27年度) > 2月24日「タスキをつないで 心をつないで」

2月24日「タスキをつないで 心をつないで」

2月21日(日曜日)に「第15回和歌山県市町村対抗ジュニア駅伝競走大会」が和歌山市にて行われました。紀三井寺公園陸上競技場を出発して県庁前をゴールとする10区間21.1キロメートルの特設コースを各市町村を代表する小中学生10名がたすきをつないで走る大会です。

マリーナシティーや浜の宮海水浴場、片男波公園、和歌浦など風光明媚なポイントが随所に見られるコースですが、走っている選手たちは、風景を楽しむ余裕などありません。我が九度山町も九度山小学校4名、河根中学校1名、古佐田丘中学校1名、九度山中学校4名の計10名が共にがんばって練習してきた仲間との絆を確かめるようにタスキをつないで全力で走りきりました。そして、サポートにまわった6名の選手たちの思いもつないでくれたはずです。この6名も毎日一緒に練習に励んだ仲間です。

私は浜の宮海水浴場付近で応援していたのですが、選手たちの息遣いを間近に感じることができました。25位という結果は胸を張れるものです。ほんとうによくがんばったね。監督やコーチとしてご指導くださったスタッフのみなさん、お疲れ様でした。

2016年2月24日(水曜日) 大野

2区を走る福田さん
ジュニア駅伝1
いい景色です。 いい天気です。
ジュニア駅伝2
10区(アンカー)を走る西畑君
ジュニア駅伝3
九度山町選手団のみなさん。町長さん(前方左)もこの笑顔です。
ジュニア駅伝4

九度山町教育委員会ホームページへ
九度山町役場ホームページへ

最終更新日:2016228

Copyright © Kudoyama town All rights reserved.