HOME > 九度山中学校 > 校長室から(平成28年度) > 4月20日 「がんばってます。」

4月20日 「がんばってます。」

新年度が始まりました。

4月8日に入学式を挙行し、30名(男子14名、女子16名)の新入生が九度山中学校に入学しました。中学校の三年間は、長い人生の中でも、心や身体の成長が著しく、しかも自分の進路を選択する基礎をつくる大切な時期です。「自分は今、大切な時間を生きている」という自覚をもって中学生活を送ってほしいと思います。

入学式の式辞で、私が生徒たちに心がけてほしいこととして伝えたのは、うれしさを表現できる人になってくださいということです。親切にされたら、「ありがとう」。おいしいと感じたら、「おいしいね」「ごちそうさま」。きれいだと感じたら、「きれいやなあ」。楽しかったら、「楽しい」と、うれしい気持ちを言葉や表情でしっかりと表現するよう心がけてみてください。周囲の人もきっとうれしくなるでしょうし、表現したことにより、より敏感に深くうれしさを感じられると思います。

今、校内には、「おはようございます」や「こんにちは」「さようなら」の声が響いています。学校へ来られたお客さんも、本校生徒の礼儀正しさ、元気よさについて、異口同音にほめてくれます。このあいさつも「気持ちを表現する」行動ですよね。

さあ、九中の生徒のみなさん、豊かな「感性」を育てましょう!!そして、充実した毎日を過ごしましょう!!

 平成28年4月20日(水曜日) 大野

校舎から階段を見下ろすと見事な桜が咲いていました。(4月3日撮影)

桜1

1年生の英語の授業です。生徒同士が英語で会話をしています。(4月20日撮影)

英語1

アドビリーダーのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。

九度山町教育委員会ホームページへ
九度山町役場ホームページへ

最終更新日:2016420

Copyright © Kudoyama town All rights reserved.