HOME > 九度山中学校 > 校長室から(平成28年度) > 5月17日 「微笑み返し」

5月17日 「微笑み返し」

ある本によると、「挨拶」を次のように定義づけていました。「挨拶は、自分の心を開くため自分の心を前向きにするため。そして、そうすることで少しでも挨拶を交わす相手の心が和んでくれることを願ってするもの」。

毎朝、生徒玄関に立って生徒のみなさんを迎えますが、挨拶をしていると、毎朝、皆さんに教えられます。「おはようございます」のあとに必ずニコッと微笑んでくれる生徒が何人かいます。1年生にも2年生にも3年生にも、毎朝はじけるような笑顔を返してくれる生徒がいます。そのような挨拶に出会うと本当に心が和みます。返す挨拶に心がこもります。笑顔の力は、本当にすごいなと感じます。それとともに中学生の時期に、あんなに爽やかで人を和ませる挨拶ができることに感動します。毎朝この感動がほしくて立ち続けているのかもしれません。

皆さんの挨拶はさまざまです。元気な声で挨拶する子、小さな声でつぶやくように挨拶する子、チラッと見て照れながら挨拶する子、いろいろな生徒がいます。私は、先ほどの「挨拶の定義」のように、その子なりに心を開くための努力が見られればそれでいいと思っています。

長い期間生徒玄関に立ち、それぞれの生徒を観察していると、その子なりの挨拶の進化が見えてきます。その進化がうれしくて仕方がありません。私は、その子なりの成長が見られることに喜びを感じます。

先日、本校に見えられたお客様から、「校長先生は優しい顔をされていますね」と、たいへんうれしい言葉をいただきました。もし、私の顔が「優しい顔」になったとするならば、それは皆さんがそうしてくれたのです。

さあ、これからも立とう!「ニコッ」と微笑んで挨拶してくれる生徒や成長し続ける皆さんに出会うために。 ありがとう。

 2016年5月17日(火曜日) 大野

職員玄関の横に咲くバラ。
バラ
運動場からの階段のわきに咲くアザミ
アザミ

 

アドビリーダーのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。

九度山町教育委員会ホームページへ
九度山町役場ホームページへ

最終更新日:2016517

Copyright © Kudoyama town All rights reserved.