HOME > 九度山中学校 > 校長室から(平成28年度) > 5月27日 「平和への祈り」

5月27日 「平和への祈り」

5月18日から三日間、本校の3年生は東京方面への修学旅行に行ってきました。浅草や東京スカイツリー、お台場、ディズニーランド、国会議事堂、横浜中華街などたくさんの見学場所があり、生徒たちは中学校生活で忘れることのできない思い出をつくることができました。
そして、今回特に取り上げたいのは、平和学習の一環として三日目に訪れた、夢の島にある「第五福竜丸展示館」のことです。静岡県焼津港所属の遠洋マグロ延縄(はえなわ)漁船「第五福竜丸」は、1954年3月1日、太平洋のマーシャル諸島ビキニ環礁でアメリカが行った水爆実験により被爆しました。
爆心地より160キロ東方の海上で操業中、突如西の空に閃光を見、地鳴りのような爆発音が船を襲いました。やがて、実験により生じた「死の灰」(放射性降下物)が第五福竜丸に降り注ぎ、乗組員は23人全員被爆し、うち1人は亡くなりました。展示館の職員の方の説明によると、「死の灰」は白色で、珊瑚礁が砕け散ったものだったそうです。また、何よりも驚くべきは、このときの水爆の破棄力は、1945年に広島に投下された原子爆弾の1000倍だということです。

私たち引率の職員も生徒たちと一緒に展示館内で係の方の説明を聞いていましたが、展示パネルを示しながらたいへんわかりやすくお話しくださいました。生徒たちの聴く態度が真剣そのもので、全員が話してくれている人の顔をしっかり見つめていたのが印象に残っています。後で、本校の職員や展示館の方々、バスガイドさんが異口同音に生徒たちの態度をすごくほめてくれました。
私は、3年生の生徒たちのこの姿に心から感動を覚えました。そして九中の生徒を誇りに思います。折しも本日27日、伊勢志摩サミットで来日したアメリカ合衆国のオバマ大統領が現職の大統領としては初めて被爆地「ヒロシマ」を訪れます。このタイミングでこのような学習ができたことをありがたく思います。生徒たちにとって、何よりの「平和学習」になりました。

我々人類は、同じ過ちを二度と繰り返してはならないという誓いを胸に刻んで……。

 平成28年5月27日(金曜日) 大野

説明に真剣に耳を傾ける生徒たち
第五福竜丸 第五福竜丸 

館内には「第五福竜丸」が展示されています。 たくさんの資料が展示されています。
第五福竜丸 第五福竜丸

水爆実験のキノコ雲 被爆したマグロを処分した「マグロ塚」。展示館の裏にあります。
第五福竜丸 第五福竜丸

アドビリーダーのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。

九度山町教育委員会ホームページへ
九度山町役場ホームページへ

最終更新日:2016530

Copyright © Kudoyama town All rights reserved.