HOME > 九度山中学校 > 校長室から(平成28年度) > 11月25日 「木と語り合う」

11月25日 「木と語り合う」

11月17日(木曜日)に森林ボランティア教室を開催しました。対象は本校1年生の生徒30名です。九度山町共育コミュニティでの活動の一環として、NPO法人日本森林ボランティア協会に所属する6名の会員の皆さんにお越しいただき、約2時間の教室を開きました。
まず森林ボランティアについての説明がありました。一言で言うと山の手入れのお手伝いをしているとのことでした。続いて「割り箸」についての講話を拝聴しました。割り箸と環境破壊の関係については、さまざまな考え方があることを知りました。日本で使用されている割り箸で、国産はわずか2パーセントという事実にはたいへん驚きました。生徒たちもびっくりしていましたね。つまりほとんどの原料が海外のものだということです。
そして、今回の教室でのメイン「割り箸作り」です。九度山町で採れたヒノキの木をクラフトナイフで削り、サンドペーパーで仕上げます。最後にクルミで油を塗って完成です。生徒たちは、ボランティアの方々のアドバイスを受けながらこれらの作業にチャレンジしました。最初は簡単だと高をくくっていた人も悪戦苦闘です。苦労しながらもみんな楽しそうに作業に集中していましたね。最後に、千代紙で各自が作った手作りの箸入れに世界で一つの箸を入れました。
生徒たちが書いた感想の中には、「このお箸は家宝やなあ。使うのがもったいない。」と言ったお母さんのことや、ナイフの使い方に苦労したようすなどが、ボランティアの方々への感謝の言葉とともにたくさん綴られていました。ある生徒は、「作った箸のにおいをかいでみると、ヒノキの香りが強くてよかったです。」と表現していました。おそらく木と語り合いながら、箸を作っていたのでしょう。とても素直な気持ちが表れていると思います。
自然との共存について考えるひとときを与えてくださった日本森林ボランティア協会のみなさん、本当にありがとうございました。

2016年11月25日(金曜日) 大野

森林ボランティア1 森林ボランティア2

森林ボランティア3 森林ボランティア4

森林ボランティア5 森林ボランティア6

森林ボランティア7 森林ボランティア8

今年もイチョウがきれいに色づきました。
イチョウ1

アドビリーダーのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。

九度山町教育委員会ホームページへ
九度山町役場ホームページへ

最終更新日:20161125

Copyright © Kudoyama town All rights reserved.