HOME > 九度山中学校 > 校長室から(平成28年度) > 1月26日 「一日のスタート」

1月26日 「一日のスタート」

今週は寒波が襲来したため、久しぶりに雪がよく降りました。24日(火曜日)は朝から雪が積もっており、中庭の築山も雪化粧されました。

雪化粧1

この日の朝、登校してきた3年生の女子数名が生徒玄関の前で、たくさんのかわいい雪だるまを楽しそうに作っていました。出来上がった雪だるまが次の写真です。

雪だるま1

25日(水曜日)も雪が降りました。朝、学校からは雪化粧された和泉山脈を望むことができました。
雪化粧2

一日のスタート」をどのように切るかというのは、私たちの人生にとって重要なことではないかと私は考えています。本校では今年度も毎日朝の会の前の5分間、「朝読書」の時間を設けています。生徒たちに本を読むという習慣をつけることと、読解力や思考力を高めることを目的としています。たったの5分ですが、生徒も教師も静かに本を読む貴重な時間となっています。校内放送では安らかな音楽が流れ、一人一人が心を落ち着けて学校生活をスタートさせるひとときです。
私もできるだけその5分間は職員室か校長室で読書をするようにしています。私は本を読むのが大好きで、小説や新書を家から持ってきて読んでいます。たかが5分間なのですが、これで結構本が読み進められます。毎日の地道な積み重ねというのは大したもので、いいペースで読破しています。というのは、いつでもその本を持ち歩き、外出先で待ち時間が少しできると続きを読むようにしているのです。家に帰ってからもできるだけ読書の時間を作るように心がけています。(実はテレビも大好きで、テレビを視聴する時間も必ず確保しておりますが(笑)。)
さて、生徒たちも「朝読書」で、いい「一日のスタート」を切り、授業や部活動に臨めているのではないでしょうか。そして、私と同じように「朝読書」で読んだ本の続きを読む時間を作っている生徒もいるのではないでしょうか。読書はまちがいなく人生を豊かにしてくれます。明日からも「朝読書」で素敵な一日をスタートさせましょう!!

2017年1月26日(木曜日) 大野

1年生の「朝読書」です。静かで穏やかな時間が流れています。
朝読書1

アドビリーダーのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。

九度山町教育委員会ホームページへ
九度山町役場ホームページへ

最終更新日:2017126

Copyright © Kudoyama town All rights reserved.