HOME > 九度山中学校 > 校長室から(平成28年度) > 2月3日 「心を育てる」

2月3日 「心を育てる」

本校では今年度も「校内授業研究」を実施しています。全教員が年間1回ずつ公開授業を行い、全教員が参観しています。参観後、研究協議を行い、教員全体の授業力向上に取り組んでいます。公開授業は、町内の小中学校にも案内をし、自由に参観できるようにしています。
今年度の「校内授業研究」は、全教員が「道徳」の授業をしています。中学校では2019年度(平成31年度)から道徳が「特別の教科」となるので、それに向けて取り組むことを教員全体で決めました。最初に「みんなの話を聞こう。」「必ず発言者を見よう。」「自分の考えを自分の言葉で。」と書かれたシートを黒板に貼って、授業を行うことも意思統一しています。
目に見える「表情」「行動」「言葉」から目に見えない「心」を育てるのが「道徳の授業」だと言われています。本校の生徒たちにとって、少しずつでも心が成長することが我々教員の喜びです。そして、生徒自らがさまざまな場面で心を耕していくことを願っています。これからも地道に研究を進めていくことが大切だと考えています。

2017年2月3日(金曜日) 大野

2年生での道徳の授業風景です。
道徳1 道徳2

アドビリーダーのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。

九度山町教育委員会ホームページへ
九度山町役場ホームページへ

最終更新日:201724

Copyright © Kudoyama town All rights reserved.