HOME > 九度山中学校 > 校長室から(平成28年度) > 3月2日 「タスキに込めた想い」

3月2日 「タスキに込めた想い」

少し遅くなりましたが、2月19日(日曜日)に行われた「第16回和歌山県市町村対抗ジュニア駅伝競走大会」について、ご紹介します。
和歌山県内の各市町村の小中学生10名が10区間21.1キロメートルをタスキをつないで走りきりました。我が九度山町でも町内の小中学生が毎日練習に励み、当日は代表選手10名が晴れ舞台に出場することができました。九度山町のタイムは1時間21分51秒で25位でした。生徒数からみればたいへん健闘したと思います。
共に励まし合いながらしんどい練習に汗を流してきた仲間とのタスキのリレー。それは単なるタスキのリレーではなかったはずです。しんどい練習を共有してきた仲間だからこそ、つなぎたい「想い」があったことでしょう。それが何だったのかは本人たちにしかわかりません。その「想い」を共有した仲間の存在は、これからも大きな支えになることでしょう。
そして、もう一つ強調したいのは、補欠の選手たちのがんばりです。当日走れはしませんでしたが、仲間のためにできることを必死に考えて行動していた姿が印象に残っています。大きな声で声援を送ったり、直前のアップを手伝ったり、飲料やウエアの準備をしたりと、みんな一生懸命がんばっていました。彼らも間違いなくこのレースに参加していたのです。
選手のみなさん、自ら志望してジュニア駅伝に参加したその心意気に私は敬意を表します。そして、来年度の大会にその「想い」をつないでください。

2017年3月2日(木曜日) 大野

1区を走った西畑君(第1中継所の手前で)
駅伝1

4区を走った今川さん(第3中継所でタスキをうけた直後)
駅伝2
 

アドビリーダーのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。

九度山町教育委員会ホームページへ
九度山町役場ホームページへ

最終更新日:201732

Copyright © Kudoyama town All rights reserved.