HOME > 総務課 > 個人番号

マイナンバー制度

マイナンバー制度(社会保障・税番号制度)とは、住民票を有する全ての方に一人一つの番号を付して、社会保障、税、災害対策の分野で効率的に情報を管理し、複数の機関に存在する個人の情報が同一人の情報であることを確認するための社会基盤となる制度です。社会保障や税に関わる事務の効率化や、社会保障や税の給付と負担の公平化といった効果が期待されています。

マイナンバーとは

マイナンバーとは、国民一人ひとりが持つ12桁の数字のみで構成される番号のことで、平成27年10月から住民票を有する全ての国民にマイナンバーが通知され、平成28年1月より利用が開始されます。

マイナンバーの通知は、市区町村から住民票に登録されている住所あてにマイナンバーが記載された「通知カード」を送ることで行われます。

関連リンク

社会保障・税番号制度(内閣官房)このリンクは別ウィンドウで開きます

個人情報保護評価委員会このリンクは別ウィンドウで開きます

社会保障・税番号制度<マイナンバー>について|国税庁このリンクは別ウィンドウで開きます

マイナンバーカード総合サイト

地方公共団体情報システム機構

このページに関するお問合せ先
九度山町役場 総務課 TEL: 0736-54-2019(代表)
上に戻る

Copyright © Kudoyama town All rights reserved.