HOME > 税務課 > 町民税 > イベントの中止等によるチケットの払戻請求権を放棄した場合の寄附金税額控除について

イベントの中止等によるチケットの払戻請求権を放棄した場合の寄附金税額控除について

新型コロナウィルス感染症およびそのまん延防止のため、国の自粛要請を受けて中止等となった文化芸術・スポーツイベントについて、入場料金等のチケット払戻しを受けない(放棄する)ことを選択された方は、その金額をイベント主催者に対して寄附したものとみなして、町・県民税の寄附金税額控除の適用を受けることができます。

チケットを払い戻さず「寄附」することにより、税優遇を受けられる制度(文化庁・スポーツ庁)PDFファイル(674KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

対象となるイベント

寄附金税額控除となるイベントは、以下の要件をすべて満たすものとなります。

1.令和2年2月1日から令和3年1月31日までに日本国内で開催または開催予定の不特定かつ多数の者を対象とする文化芸術・スポーツイベント

2.国の自粛要請を受けて、中止・延期・規模の縮小が行われたイベント

3.上記1および2に該当し、主催者が申請により文化庁またはスポーツ庁の指定を受けたイベント

対象イベントの考え方(文化庁・スポーツ庁)PDFファイル(125KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

九度山町では、所得税の寄附金控除の対象となるすべてのイベントを町・県民税の寄附金税額控除の対象としています。また、和歌山県においても同様です。

なお、所得税の寄附金控除の対象となる文部科学大臣の指定を受けたイベントは、次の文化庁またはスポーツ庁のホームページでご確認ください。(随時更新されています。)

文化庁ホームページこのリンクは別ウィンドウで開きます

スポーツ庁ホームページこのリンクは別ウィンドウで開きます

対象となる課税年度

令和3年度(令和2年中に払戻しを放棄したチケット代金)

令和4年度(令和3年中に払戻しを放棄したチケット代金)

控除対象上限額

年間で合計20万円までの対象チケット代金が控除対象の上限です。

ただし、対象チケット代金合計額とその年中に支出した他の寄附金合計額が、総所得金額等の30%を超える場合には、総所得金額等の合計額の30%に相当する額とします。

なお、所得税の寄附金控除(所得控除・税額控除)については、次の国税庁のホームページをご覧ください。

国税庁ホームページこのリンクは別ウィンドウで開きます

寄附金控除適用までの具体的な流れ

チケットを払い戻さず寄附することをお考えの方へ(文化庁・スポーツ庁)PDFファイル(141KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

なお、町・県民税の寄附金税額控除の適用のみを受けようとする方は、町・県民税の申告書を提出してください。

アドビリーダーのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。
このページに関するお問合せ先
九度山町役場 税務課 TEL: 0736-54-2019(代表)
最終更新日:2021113
上に戻る

Copyright © Kudoyama town All rights reserved.