HOME > 税務課 > 国民健康保険税 > 新型コロナウイルス感染症の影響による国民健康保険税の減免について

新型コロナウイルス感染症の影響による国民健康保険税の減免について

 前年度に引き続き、令和4年度も新型コロナウイルス感染症の影響により一定程度収入が下がるなどした世帯に対して、申請により国民健康保険税を減免します。

減免の対象となる世帯

(1)新型コロナウイルス感染症により主たる生計維持者が死亡し、または重篤な傷病を負った世帯

(注)重篤な傷病とは、1ヶ月以上の治療を要するなど、新型コロナウイルスの症状が著しく重い方を言います。

(2)新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者の事業収入、不動産収入、山林収入または給与収入(以下、「事業収入等」と言います)減少が見込まれ、次のⅰ~ⅲの要件を全て満たす世帯

ⅰ 世帯の主たる生計維持者の事業収入等のいずれかの減少額(保険金、損害賠償等により補填されるべき金額を控除した額)が前年の当該事業収入の10分の3以上となる

ⅱ 世帯の主たる生計維持者の前年の所得の合計額が1,000万円以下

ⅲ 減少することが見込まれる世帯の主たる生計維持者の事業収入等に係る所得以外の前年の所得の合計額が400万円以下

保険税の減免額

 減免の対象となるのは、令和4年度分で、令和4年4月1日から令和5年3月31日の間に納期限(特別徴収の場合は年金支給日)が設定されている国民健康保険税ですが、申請時点で納期限を過ぎた保険税は減免の対象外となります。

 また、減免額は減免の対象となる理由により、以下のとおり異なります。

(1)新型コロナウイルス感染症により主たる生計維持者が死亡し、または重篤な影響を負った世帯の方。

(2)新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者の事業収入等の減少が見込まれる世帯の方

【表1】
減免対象保険税額=A×B/C

A:当該世帯の被保険者全員について算定した保険税額

B:世帯の主たる生計維持者の減少することが見込まれる事業収入等に係る前年の所得額

C:世帯の主たる生計維持者および世帯に属する全ての被保険者の前年の合計所得額

【表2】
世帯の主たる生計維持者の前年の合計所得金額 減免割合(d)
300万円以下 全部

400万円以下

10分の8
550万円以下 10分の6
750万円以下 10分の4
1000万円以下 10分の2

申請について

申請は九度山町役場税務課で受け付けます。

受付時間は土・日・祝日を除く午前8時半から午後5時15分までです。

郵送で申請をご希望の方は、まずは税務課にご相談ください。

申請に必要な書類は以下のとおりですが、ご用意できない場合は申請時にご相談ください。

(1)共通

(2)新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者が死亡し、または重篤な傷病を負った世帯

(3)新型コロナウイルス感染症の影響により主たる生計維持者の収入が減少した場合

その他

アドビリーダーのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。
このページに関するお問合せ先
九度山町役場 税務課 TEL: 0736-54-2019(代表)
最終更新日:202271
上に戻る

Copyright © Kudoyama town All rights reserved.