HOME > 総務課 > 人事 > 特定事業主行動計画

特定事業主行動計画

特定事業主行動計画について

平成15年7月、「次世代育成支援対策推進法」が制定され、次代の社会を担う子どもたちが健やかに生まれ、育てられる環境の整備に、国、地方公共団体、事業主など、様々な主体が社会を挙げて取り組むことが求められています。
この法律では地方公共団体等を「特定事業主」と定め、特定事業主は、自らの職員の子どもたちの健やかな育成のための計画(特定事業主行動計画)を策定することとなっています。

これに基づき九度山町では、平成17年3月、職員を対象に平成17年4月から平成22年3月までを前期計画期間、平成22年4月から平成27年3月までを後期計画期間とする「九度山町特定事業主行動計画」を策定しました。その後、法の有効期間が平成37年3月まで延長されたことに伴い、新たに平成32年3月までの「九度山町特定事業主行動計画PDFファイル(219KB)」を策定するものです。

男性でも女性でも、また子育て中の人もそうでない人も、職員一人ひとりがこの計画の内容を自分自身に関わることと捉え、お互いに助け合い支えあっていくことによって、よりよい職場環境が築かれ、この計画の目的が達成されることを期待します。

アドビリーダーのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。
このページに関するお問合せ先
九度山町役場 総務課 TEL: 0736-54-2019(代表)
最終更新日:2017113
上に戻る

Copyright © Kudoyama town All rights reserved.