HOME > 産業振興課 > 消費者問題について > 消費者行政に関する首長表明について

消費者行政に関する首長表明について

消費者行政に関する首長表明

今日、インターネットやSNSの普及に伴い、振り込め詐欺や架空請求といった消費者トラブルは、「多様化・複雑化・巧妙化」の勢いを増しており、よりいっそう、消費者被害の対策に備えていかなければなりません。

九度山町は、消費者被害の「早期発見・早期解決・早期回復」をめざし、消費生活窓口設置しています。また、和歌山県市町村消費者行政推進および活性化交付金を活用して、相談員を雇用し、窓口対応の充実を図ると同時に、毎月1回専門相談員による消費生活相談会も開設しています。

さらに、啓発活動としてホームページでの情報発信や、啓発物資を配布するなど、被害の未然防止に取り組んでおります。

今後もこれらの活動を通じ、町民の皆さまの安心・安全な消費生活を確保および維持するために、継続的な消費者行政の推進と強化に努めてまいります。

平成29年12月 5日

九度山町長 岡本 章

最終更新日:2017125
上に戻る

Copyright © Kudoyama town All rights reserved.