HOME > 産業振興課 > 林業 > 森林の土地の所有者となった旨の届出制度について

森林の土地の所有者となった旨の届出制度について

平成23年4月の森林法改正により、平成24年4月1日以降、新たに森林の土地の所有者となった方は町役場への事後の届出が義務付けられました。こ れは、行政が森林所有者に対し森林の整備等に関する助言を行ったり、事業体が間伐等をする場合に効率的に森林整備ができるよう、森林の土地の所有者の把握 を進めるためです。

届出対象者

個人・法人を問わず、売買や相続等により森林の土地を新たに取得した方は、届出をしなければなりません。
ただし、国土利用計画法に基づく土地売買契約の届出を提出した方については、届出は不要です。

届出対象区域

届出が必要な区域は、「地域森林計画」の対象となっている森林です。
※地域森林計画対象森林については、町役場、県庁(林業振興課)または振興局(林務課)で確認することができます。
※面積の大小問わず届出が必要です。

届出期間

土地の所有者となった日から90日以内です。

届出先

届出先は山林が所在する町役場(産業振興課)です。

届出書

届出様式は、下記の届出様式を参照してください。また、添付書類として、(1)当該土地の位置図、(2)当該土地の登記事項証明書も提出してください。

参考資料

届出窓口

産業振興課

アドビリーダーのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。
このページに関するお問合せ先
九度山町役場 産業振興課 TEL: 0736-54-2019(代表)
最終更新日:201633
上に戻る

Copyright © Kudoyama town All rights reserved.