HOME > 税務課 > 国民健康保険税 > 国民健康保険税の税率について

国民健康保険税の税率について

近年では一人当たりの医療費などの伸びにより支出が増加しています。

厳しい経済情勢の中、被保険者のみなさんには大きな負担となりますが、みなさんが安心して医療を受けられるよう健全な国民健康保険の運営に努めてまいりますので、ご理解とご協力をお願いします。

特定健診などを受診して、病気の早期発見・早期治療に心がける、頻回受診や重複受診をさける、ジェネリック医薬品を使用する等、医療費の抑制にご協力お願いいたします。

平成31年度の税率について

年度の途中で40歳になった方はその月から介護分が加算されます。また、年度の途中で65歳になる方はその前月までの介護分を計算します。

区分

課税対象額

医療保険分
(0~75歳未満)

支援金分
(0~75歳未満)

介護分
(40~65歳未満)

A所得割

前年の所得から33万を控除した額

6.45%

1.92%

2.01%

B資産割

固定資産税額(土地・家屋分)

36.45%

11.09%

12.12%

C均等割

被保険者一人あたり

24,800円

7,500円

9,300円

D平等割

一世帯あたり

20,300円

6,100円

5,300円

A~Dの合計に対する限度額

61万円

19万円

16万円

本町における国民健康保険の加入者数は年々減少する傾向にあり、課税のもととなる昨年の所得額も減少しています。また、和歌山県では令和9年度をめどに統一保険料を目指しているところであり、税率の急激な上昇を防止するため、所得割の医療保険分と支援金分を増額させていただきました。

・ 医療保険分 H30年度6.08% → H31年度6.45%

・ 支援金分 H30年度1.82% → H31年度1.92%

国民健康保険制度の安定的な運営を図るため、皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

また、税制改正により医療保険分の限度額が58万円から61万円に変更になりました。
 

このページに関するお問合せ先
九度山町役場 税務課 TEL: 0736-54-2019(代表)
最終更新日:2019712
上に戻る

Copyright © Kudoyama town All rights reserved.