HOME > 産業振興課 > 商工業 > “くどやま”を編集しよう!!~九度山町/ローカルウィキ~

“くどやま”を編集しよう!!~九度山町/ローカルウィキ~

九度山町俯瞰

平成28年大河ドラマ「真田丸」により、“真田ゆかりの地”として全国的に知名度が上がった本町ですが、真田以外にも隠れた魅力に溢れています。
この隠れた魅力を発掘し、情報を編集・発信できるよう、下記内容にてセミナーを開催しました。

事業概要

隠れた魅力を発掘し、情報を編集・発信できる「人財」を育成するため、「フィールドワーク&ローカルウィキを活用した情報の編集・発信のノウハウを習得する勉強会」です。

どうしたら、「人財」が育成できるのか?

まち歩きをし、いろんなことを取材します。ただ、いつもと同じように漫然とまち歩きをしても新しい発見はなかなかできません。
そこで、「よそ者」である講師から、新しい発見、気づきの機会・方法を、また、ローカルウィキを使った情報の編集・発信の方法も教えていただきます。

この「よそ者」、誰でもよいかというとそうではありません。

さまざまな地域振興の取り組みに精通し、日本における「ローカルウィキ」の第一人者である杉山幹夫氏(和歌山大学災害科学教育研究センター・客員教授)を講師として招き、隠れた魅力を発掘できるような視点および「ローカルウィキ」を活用した情報の編集・発信の『いろは』についてご教授いただきました。

ローカルウィキとは

地域(リージョン)ごとに「まち」に関する様々な情報を蓄積・編集・発信するためのツールです。日本各地で様々なリージョンがすでに立ち上がっており、様々な情報が編集・発信されています。また、自分たちが自分たちの「まち」を再認識するための手段でもあります。

普段の楽しみが防災の役にたつこのリンクは別ウィンドウで開きます 」のページや「なぜローカルウィキをつかうのかこのリンクは別ウィンドウで開きます」のページをご覧いただくとローカルウィキの持つ可能性の一端に触れることができます。

杉山幹夫 【講師】杉山幹夫氏プロフィール

1964年札幌生まれ。
信州大学農学部で農村や農産物流通を学んだ後、東京大学情報学環特別研究員として中小企業ネットワークと地域ブランドについて研究。和歌山大学産学連携・研究センターの客員教授、同国際観光研究センターの特別客員研究などを歴任。現在、和歌山大学災害科学教育研究センター客員教授。
札幌市の広告代理店に勤務するかたわら、ワイナリーの経営など地方都市の産業振興に関する活動やそのツールとしてローカルウィキ、オープンストリートマップの普及活動をしている。

セミナーの内容

日時 種類 参加者 内容

平成29年9月24日(日)

10時00分~16時00分

座学 23名

■地方自治とは?

■ローカルウィキとは?

をテーマに地域づくりや情報発信の手法について学ぶ。

  • 平成29年9月24日セミナー(2)
日時 種類 参加者 内容

平成29年11月26日(日)

10時00分~16時00分

実地

座学

22名

慈尊院・入郷地区班および古沢班2グループに分かれ、現場を散策。その後、取材してきた内容をもとに記事を編集し、ローカルウィキへ掲載。

日時 種類 参加者 内容

平成30年1月28日(日)

10時00分~16時00分

実地

座学

24名

平成29年に廃校となった古沢小学校を会場に、まずは校舎を散策。現状を確認したうえで、地域資源でもある小学校の活用法についてグループワークを実施。小学校を中心とした古沢地区の今後を考える。

さらに、このグループワークの成果をローカルウィキへ掲載。

参加者の声

 

当たり前すぎて見落としていたものに、あらためて目を向けることで、今まで以上に地域に興味を持ち、この地域の魅力を誰かに伝えたいと思うようになった人、さらに地域を見つめ直すことで地域課題に目が向き、それを解決したいと思うようになった人が育っています。

地域の魅力がたくさん詰まった「九度山町/ローカルウィキこのリンクは別ウィンドウで開きます」のページをのぞいてみませんか?

最終更新日:2018221
上に戻る

Copyright © Kudoyama town All rights reserved.