HOME > 産業振興課 > 農業 > 農地の売買・貸借について

農地の売買・貸借について

農地法第3条許可

農地を農地として利用するための売買・貸借等を行う場合には、「農地法第3条許可」が必要です。しかしながら下記の条件を満たす必要があります。

条件

  1. 権利を取得しようとする人とその同一世帯の家族(世帯員)が現在耕作している農地面積(自作地および小作地)と新たに権利を取得しようとする農地面積との合計が、当該区域に定められている下限面積以上となること。(九度山町の下限面積は町内全域20aとなりました。)
  2. 権利を取得しようとする人(世帯員含む)が、新たに取得した農地を含め、所有している農地(耕作可能な農地)のすべてについて耕作を行うこと。
  3. 小作地の場合は、小作人が書面で同意していること。

このほかにも様々な条件等がございますので、農業委員会までお問い合わせください。

農地利用集積(利用権)

農用地利用集積とは、農業経営基盤強化促進法に基づく農地の貸し借りのことです。農地を貸し借りしたいという方は、農地の有効利用を図るため、契約期間を定めて当事者の意向のもとに計画的に貸し借りができるようにする制度です。

特徴

このページに関するお問合せ先
九度山町役場 産業振興課 TEL: 0736-54-2019(代表)
最終更新日:2016222
上に戻る

Copyright © Kudoyama town All rights reserved.